2016年1月11日(月・祝)放射線治療チーム医療と医療安全に関するシンポジウムを開催する運びとなりました.参加を希望される方は以下のURLにアクセスいただき,入力フォームを記載の上、「送信」を選択してください.多くの施設からのご参加を頂きたく1施設当たり参加者3名程度のご参加をお願い申し上げます.定員を超えた時点(約150名程度)で参加申し込みを締め切らせていただきます.

【プログラム概要】
放射線治療チーム医療と医療安全に関するシンポジウム
当日,ASTROレポート “Safety is no accident” の和訳本を配布予定

日時:平成28年1月11日(月・祝)
会場:国立がん研究センター 国際研究交流会館 (http://www.ncc.go.jp/jp/access_kokusai.html)
時間:(開場8時45分) 9時25分から15時
参加費:無料
対象:放射線治療に従事する医療関係者
参加申し込みURL:
https://docs.google.com/forms/d/1Ql7ixWn6DS8tvNZ4yZ1T5l1QzhBj_KQEOUIEl-0wnus/viewform?usp=send_form

主催:国立がん研究センター研究開発費(課題番号26-A 28)
   質の高い放射線治療の普及と均てん化のための基盤研究(主任研究者 伊藤芳紀)

共催(予定)
一般財団法人 医学物理士認定機構
一般社団法人 日本医学物理学会
一般財団法人 日本医学物理士会
公益社団法人 日本医学放射線学会
一般社団法人 日本がん看護学会
公益社団法人 日本看護協会
公益社団法人 日本診療放射線技師会
公益社団法人 日本放射線技術学会
公益社団法人 日本放射線腫瘍学会
日本放射線治療専門放射線技師認定機構
放射線治療品質管理機構

当日のプログラム
開会挨拶(伊藤芳紀)
I部:放射線治療チーム医療体制
座長  愛知医科大学病院         中村勝
    広島大学大学院          西尾禎治
演者  大阪大学大学院          沼崎穂高
    東京ベイ先端医療・幕張クリニック 遠山尚紀
    国立がん研究センター中央病院   伊藤芳紀
    広島がん高精度放射線治療センター 岩波由美子
    大阪大学医学部附属病院      太田誠一
    神奈川県立がんセンター      黒岡将彦

II部:ニアミスインシデントに関する放射線治療体制
座長  多根総合病院         川守田龍
    琉球大学大学院        戸板孝文
演者  都島放射線科クリニック    正井範尚
    大手前病院          山本鋭二郎
    国立がん研究センター中央病院 岡本裕之

III部:包括的第三者による訪問支援調査の成果報告と問題提起
座長  藤田保健衛生大学             林直樹
    国立がん研究センター中央病院       阿部容久
演者  山口大学医学部附属病院          川村慎二
    山口大学医学部附属病院          磯部美紀
    広島がん高精度放射線治療センター     山田聖
    国立がん研究センターがん対策情報センター 峯村俊行
ディスカッション
閉会挨拶(伊丹純)

放射線治療チーム医療と医療安全に関するシンポジウム(jpg: 2.1 MB)