一般財団法人 日本医学物理士会 理事長 福士政広
主催: 一般財団法人 日本医学物理士会
協賛:ユーロメディテック株式会社

日本医学物理士会では、DIR実技講習会を下記の通り開催致します。

近年、DIR (deformable image registration)を搭載した治療計画装置や治療計画支援ソフトウェアが普及し始めています。今後このDIRを搭載した装置を導入する施設はさらに増加していくと予想されます。ただ、このDIRは新しい技術であり、各施設が試行錯誤しながら臨床現場で使用しているのが現状です。そこで日本医学物理士会では、DIR実技講習会を企画致しました。本講習会は少人数での講義と実習を通して、DIRの原理、精度検証方法、放射線治療における活用方法について学んで頂くことを主旨としております。詳細はプログラムを御覧ください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

(1)日時:
平成31年2月23日(土) 10:00-17:00
(2)場所:
TKP新橋汐留ビジネスセンター カンファレンスルーム102
〒105-0004 東京都港区新橋4-24-8
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/st-shimbashi/access/
(3)参加対象者:
DIRを学びたい医学物理士、放射線技師、医師。基礎的な内容を多く含むため、DIR初心者の参加も歓迎します。
【注意】本講習会は、MIMTMを使用した実習になります
(4)募集人員:
20名
先着順ではありません。
受講者多数の場合、参加申込時のアンケート結果を参考に受講者選定させて頂きます。
(5)参加費:
日本医学物理士会 正会員・準会員 10,000円 (【注意】 講習会参加の申込み時点で会員・準会員であることが適用条件となります.) / 非会員 25,000円 (事前振込み)
【注意】日本医学物理学会(JSMP)とは異なります.お間違いのないようお願い致します
(6)単位:
医学物理士認定の業績評価点5点(コードE2)が付与されます。
(7)申込方法:
下記URLよりお申し込みください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSftcQxNh2WXKhbJrAq4sUuc8-54jwnL41Yznovclu2NSpYh5g/viewform
(8)参加申込の締め切り:
平成31年1月29日(火)(募集人数に達した時点で締め切らせて頂きます。)

(9)プログラム:

  2 月 23 日(土)
時間 内容 講師
9:30-10:00 受付
10:00-10:05 開会挨拶 黒岡将彦(日本医学物理士会・企画委員長)
10:05-10:30 DIRの概要(講義) 角谷倫之(東北大学)
10:30-11:00 DIRのQA(講義) 藤田幸男(駒澤大学)
11:10-12:30 MIMTMを用いたDIR実習:1(※1) 黒岡将彦(神奈川県立がんセンター)
中島祐二朗(都立駒込病院)
角谷倫之(東北大学)
藤田幸男(駒澤大学)
木藤哲史(都立駒込病院)
12:30-13:30
13:30-15:00 MIMTMを用いたDIR実習:2(※1) 中島祐二朗(都立駒込病院)
藤田幸男(駒澤大学)
角谷倫之(東北大学)
黒岡将彦(神奈川県立がんセンター)
木藤哲史(都立駒込病院)
15:00-15:15
15:15-17:30 MIMTMを用いたDIR実習:3(※1) 角谷倫之(東北大学)
中島祐二朗(都立駒込病院)
藤田幸男(駒澤大学)
黒岡将彦(神奈川県立がんセンター)
木藤哲史(都立駒込病院)
17:30 閉会挨拶・解散 黒岡将彦(日本医学物理士会・企画委員長)
※1:

実習内容
   ・頭頸部症例画像を用いたCT-CT間のDIR(線量分布合算を含みます。)
   ・肺症例画像を用いたCT-CT間のDIR
   ・骨盤部画像を用いたCT-CBCT間のDIR (線量分布合算を含みます。)
   ・解剖学的指標、ダイス係数等を用いたDIRの精度評価
   ・その他(フリーDIRソフトウェアの紹介等)

※2:
昼食はお弁当をご提供いたします。昼食代は、参加費に含まれています。

当日の進行度合いにより、プログラムと時間が多少異なることがございます。予めご了承下さい。
都合により、当日の講師の交代を事前にお知らせ出来ないことがございます。予めご了承下さい。

【備 考】
・ 宿泊については各自でご手配下さい。
・ ご不明な点は日本医学物理士会ヘルプデスクe-mail(jcmp-desk@bunken.co.jp)にご連絡下さい。

2019年度 講習会等の開催予定

2019年度 講習会等の開催予定はこちらを確認ください。