日本医学物理士会では、DIR実技講習会を,下記の通り開催致します。

近年、DIR (deformable image registration)を搭載した治療計画装置や治療計画支援ソフトウェアが普及し始めています。今後このDIRを搭載した装置を導入する施設はさらに増加していくと予想されます。ただ、このDIRは新しい技術であり、各施設が試行錯誤しながら臨床現場で使用しているのが現状です。そこで日本医学物理士会では、DIR実技講習会を企画致しました。本講習会は少人数での講義と実習を通して、DIRの原理、精度検証方法、放射線治療における活用方法について学んで頂くことを主旨としております。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

(1)日時:
平成28年5月20,21日(金,土) ※1日目は自由参加です。
(2)場所:
日立メディカルフォーラム柏(MFK) 2階
〒277-0804 千葉県柏市新十余二2-1
つくばエクスプレス「柏たなか駅」から徒歩、もしくは「柏の葉キャンパス駅」からタクシー
URL:http://www.hitachi.co.jp/products/healthcare/mfk/contents02.html#access
(3)参加対象者:
DIRを導入予定,もしくは導入されたばかりの医学物理士,放射線技師,医師。
基礎的な内容を多く含むため,DIR初心者の参加も歓迎します。
【注意】本講習会は,RayStationを使用した実習になります
(4)募集人員:
20名(各施設1名までの参加とさせて頂きます)
(5)参加費:
日本医学物理士会 正会員・準会員 20,000円 / 非会員 30,000円 (事前振込み)
【注意】日本医学物理学会(JSMP)とは異なります.お間違いのないようお願い致します
(6)単位:
医学物理士認定の業績評価点5点(コードE2)が付与されます.
(7)プログラム
DIR実技講習会:プログラム(pdf, 82 KB)
(8)申込方法
以下の受付フォームより申し込みください。参加申し込みの受付を終了しました。 (2016.4.25)

参加希望者多数の場合は,参加申込み時のアンケート結果と本講習会の実習内容を考慮して参加者を決定させて頂きます。先着順ではありません

【備 考】
・ 宿泊については各自でご手配下さい。
・ ご不明な点は日本医学物理士会ヘルプデスクe-mail(jcmp-desk@bunken.co.jp)にご連絡下さい。