主催: 一般財団法人 日本医学物理士会

医学物理士認定試験の記述式問題については、現在、その解答例などの公表がどこからもなされていない状況です。過去の問題の中には良問もあり、試験対策として過去の問題に取り組むことは医学物理士として必要な知識を習得する一つのよい機会です。その一方、受験者の多くが、過去の記述式問題を独学で勉強するが、自分の解釈が正しいかどうかの不安を抱えたまま本番の試験に臨んでいる、といった意見を耳にする機会があります。

そこで、日本医学物理士会では、医学物理士を目指す認定試験受験予定者を対象として、受験に対する不安の軽減、認定試験合格率の向上、さらには医学物理士として必要な教養の習得を目的とする講習会を開催します。

多くの皆さまの御参加をお待ちしております。

サーバ障害のため申込システムにアクセスできない状況になっていた問題は解消されました。
ご不便とご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

(1)日時:
平成30年 8月25日(土)8:25~15:55
(2)場所:
首都大学東京 荒川キャンパス 講堂
〒116−8551 東京都荒川区東尾久7−2−10
http://www.tmu.ac.jp/university/campus_guide/access.html#maparakawa
(3)参加対象者:
医学物理士認定試験受験予定者。
(4)募集人員:
150名(先着順)
(5)参加費:
10,000円
(6)単位:
医学物理士認定試験受験予定者を対象とする講習会であるため、医学物理士認定機構業績評価点はありません。
(7)その他:
参加者全員にお弁当とお茶を無料で御提供致します。
(8)申込方法:
参加登録は6月26日より医学物理士会のホームページにて開始します。
Web上での申込システム(https://iap-jp.org/jcmp/event/member/index/11)よりお申し込みください。
① 参加登録フォームに必要事項を入力し、ページ下「確認画面へ」ボタンを押してください。確認画面で入力内容をご確認の上、ページ下「送信」ボタンを押してください。登録完了画面が表示され、ご登録いただいたメールアドレス宛に自動でe-mailが配信されます。
【注 意】
自動配信のe-mailが受信できない場合は、ヘルプデスクまでe-mail(jcmp-desk@bunken.co.jp)にてご連絡ください。
② e-mailに記載の口座に参加費をお振込みください。個別にRGから始まる「受付番号」が発行されますので、お振込みの際に通信欄などに記載をお願い致します。
【注 意】
一旦納入した参加費は返還できませんのでご注意ください。
③受講申込並びに参加費納入の確認ができましたら、参加申込完了の通知をe-mailでお送りいたします。
(9) 参加申込締切:
平成30年 8月1日(水)【注 意】 募集人員に達した際は、期日前でも参加申込を締切ります。
(10)参加費振込締切:
平成30年 8月13日(月)
(11)プログラム:
  8月25日(土)
時間 プログラム 講師
8:00- 開場
8:25-8:30 開会の挨拶
8:30-9:45 放射線治療物理学 京都大学 中村光宏先生
9:45-11:00 核医学物理学 帝京大学 亀澤秀美先生
11:00-11:10 休憩
11:10-12:25 放射線診断物理学 筑波大学 磯辺智範先生
12:25-13:20 昼休憩
13:20-14:35 保健物理学/放射線防護学 量子科学技術研究開発機構
米内俊祐先生
14:35-15:50 放射線計測学 帝京大学 古徳純一先生
15:50-15:55 閉会の挨拶

 

【備 考】
  • 宿泊については各自でご手配下さい。
  • ご不明の点はヘルプデスクまでe-mail (jcmp-desk@bunken.co.jp)にてご連絡下さい。