リニアックビームデータ測定実習:検出器の原理と特性を知って使いこなそう

一般財団法人 日本医学物理士会 代表理事 福士政広
主催: 一般財団法人 日本医学物理士会
共催: 駒澤大学
協賛: ユーロメディテック株式会社

日本医学物理士会では、第30回医学物理士実務講習会を下記の通り開催致します。
本講習会は少人数での講義と実習を通して、リニアックビームデータ測定に用いられる様々な検出器の原理と特性を理解し、検出器を使いこなせるようになること、取得したビームデータの検出器依存性とそれらが治療へ及ぼす影響について学んでいただくことを主旨としております。また、近年リニアックの立ち上げにおいて基準ビームデータを用いる施設が増えてきておりますが、エレクタおよびバリアン両社の装置で基準ビームデータを用いたリニアックの立ち上げをご経験された東北大学病院の佐藤先生にご講演頂きます。
今回は、駒澤大学-VARIAN 放射線治療人材教育センターでの開催となります。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

(1)日時:
2020年 3月 22日(日) 9:00 〜 16:30
(2)場所:
駒澤大学 駒沢キャンパス
〒154-8525 東京都世田谷区駒沢1-23-1
アクセス:https://www.komazawa-u.ac.jp/facilities/campus/komazawa.html
(3)参加対象者:
医学物理士および医学物理士を目指している者、診療放射線技師、医師
(4)募集人員:
16名(先着順ではありません)
※受講者多数の場合、参加申込時のアンケート結果を参考に受講者選定させて頂きます。
(5)参加費:
日本医学物理士会 正会員・準会員 15,000円 / 非会員 25,000円 (事前振込み)
【注意】講習会参加の申込み時点で会員・準会員であることが適用条件となります
日本医学物理学会(JSMP)とは異なります。お間違いのないようお願い致します
(6)単位:
医学物理士認定の業績評価点10単位(コードD2)が付与されます
(7)申込方法:
右記URLよりお申し込みください。 申込みはhttps://ws.formzu.net/fgen/S64772620/から
(8)申込受付締切:
2020年 1月 31日(金)
(9)受講者決定通知:
2020年 2月 7日(金)
(10)参加費振込期限:
2020年 3月 3日(火)

プログラム:

  3 月 22 日(日)
時間 内容 講師
8:40 受付開始
8:55 開会挨拶 代表理事 福士政広
9:00-10:00 講演
基準ビームデータを用いたリニアックの立ち上げ
東北大学病院
佐藤清和
10:00-11:30 講演
ビームデータ測定に用いられる様々な検出器の原理と
特性・実習内容説明
埼玉県立がんセンター
兒玉匠
ユーロメディテック株式会社
脇田明尚,谷謙甫
11:30-12:30 ランチョンセミナー(ユーロメディック)
12:30-14:00 実習
リニアックビームデータ測定実習
兒玉,脇田,谷
14:00-15:00 解析 兒玉,脇田,谷
15:10-16:30 ディスカッション
16:30 閉会挨拶 日本医学物理士会 橋本慎平

【備 考】
・応募が定員を超過した場合は、受講申込書の内容(日本医学物理士会入会の有無、医学物理士資格の有無(認定者)、医学物理士試験合格者、治療計画用ビームデータ測定経験の有無や測定予定者等)に基づき、講習会の運用を考慮して選定させていただきます。
・医学物理士実務講習会の参加費は事前振込となりました。受講可となった方に対しては、参加費の振込方法を別途ご案内致します。
・本講習会への参加が決定した場合、所属元の健康診断および教育訓練の記録を提出して頂きます。提出が難しい場合は、日本医学物理士会ヘルプデスクe-mail(jcmp-desk@bunken.co.jp)にご連絡下さい。
・申し込み時の記入事項が多いですが、これらの結果を講習会に反映させたいと考えておりますので、ご記入をどうぞよろしくお願い致します。
・申込時点で日本医学物理士会に入会されていない方の参加費は非会員扱いとなります。
・宿泊については各自でご手配下さい。
・本セミナーは企業協賛によるランチョンセミナーを開催するため、参加者全員にお弁当とお茶を無料で提供いたします。
・当日の進行度合いにより、プログラムと時間が多少異なることがございます。予めご了承下さい。
・ ご不明な点は以下の連絡先にご連絡下さい。
 -お申し込みについては日本医学物理士会 橋本慎平まで e-mail: jcmp-desk(at)bunken.co.jp
 -参加費支払いについては日本医学物理士会ヘルプデスクまで e-mail: jcmp-desk(at)bunken.co.jp
  注:それぞれメール送付の際には(at)を @ に変えてご使用ください

2020年度 講習会等の開催予定

2020年度 講習会等の開催予定はこちらを確認ください。