2017年 日本医学物理士会 市民公開講座
「がん放射線治療のいま」

日本人の2人に1人以上ががんに罹るいま、適切ながん治療は日本人にとって最重要課題です。日本では、効果が良く有害事象が少ない理想の高精度放射線治療の普及が、まだ不十分です。がん放射線治療の現状と今後のために何が必要か、皆様と共に考える市民講座「がん放射線治療のいま-みんなが理想の治療を受けられるようになるために-」を下記要領で開催致します。

皆様には、ぜひご参加くださいますようご案内いたします。

 

日時:
2017年10月9日(月曜・祝日)14時〜16時30分
場所:銀座ブロッサム ホール
〒901-2224 中央区銀座2-15-6 電話03-3542-8585
会 場:http://ginza-blossom.jp/hall/
アクセス:http://ginza-blossom.jp/access/

テーマ:
「がん放射線治療のいま」-みんなが理想の治療を受けられるようになるために-

内容:
挨 拶  日本放射線腫瘍学会理事長  茂松直之 他

基調講演 「理想的な放射線治療とは」 京都大学放射線治療科教授 溝脇尚志

放射線治療体験談
       「乳がんを経験して」 女優 倍賞千恵子 & 放射線腫瘍医 唐澤久美子
       「舌がんを経験して」 落語家 桂小文治 & 患者会代表 會田昭一郎

パネルディスカッション 
       「受けたい理想の放射線治療」 講演者、がん患者の会、識者

※入場無料,事前申し込みはありません。直接会場へお越しください。

主催: 一般社団法人日本医学物理士会
事務局 〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター
    問い合わせ先:電子メールでお問い合わせ下さい。 医学物理士会事務局 jcmp-post@bunken.co.jp