小線源治療における被曝線量計算及びI125 永久挿入小線源治療における物理QA の実践

日本医学物理士会会長 福士政広
主催:日本医学物理士会
共催:大阪大学、(株)メディコン、日立アロカメディカル(株)、アクロバイオ(株)

日本医学物理士会では、第16 回 医学物理士実務講習会を下記の通り、開催致します。皆様のご参加を
心よりお待ちしております。

  1. 日時:2013 年11 月30 日(土)9:00~16:30
  2. 場所:大阪大学吹田校舎 銀杏会館 会議室B 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2番15号
  3. 参加対象者:医学物理士、および医学物理士を目指している者
  4. 募集人員:24名
  5. 参加費:日本医学物理士会 会員 15000 円
    非会員 20000円
  6. プログラム:プログラム(PDF)
  7. 申込方法
    下記要領にて、E-mail にて申し込みを受付致します。

    • 締切日:2013年11月4日(月)
    • 送信先:radonc@radonc.med.osaka-u.ac.jp
      (大阪大学大学院医学系研究科 放射線治療学 秘書)
      件名:第16 回医学物理士実務講習会受講申込
      として、メールを送信ください。
    • 本文:下記事項を記載してください。
      1. 所属
      2. 氏名
      3. 連絡先(電話・E-mail )
      4. 職種(医学物理士、放射線技師、医学物理士試験合格者、学生など)
      5. 日本医学物理士会 会員番号(非会員は非会員と明記してください。日本医学物理学会ではありませんのでご注意ください。)
      6. 過去の医学物理士実務講習会の参加の有無
        「有」と回答された方、第何回に参加されたかご記入ください。
      7. I125永久挿入小線源治療に関するQAにどのように携わっていますか?具体的にお書きください。
      8. 貴施設で使用しているI125永久挿入小線源治療用放射線治療計画装置
      9. 貴施設で使用しているステッパー台の固定方法:寝台マウント方式あるいは、床置き方式
      10. 貴施設で使用しているテンプレートはディスポあるいは、洗浄後の滅菌による再利用?
      11. 治療計画装置VariSeedの使用経験の有無
      12. 貴施設で線源強度測定を実施していますか?
      13. ご質問等ございましたら、自由にお書きください。
  • 本講習会受講により、医学物理士新規及び更新認定単位として10 単位が与えられます。
  • 受講可否決定:1 1 月8 日(金)までにE-mail にてご案内させて頂きます。尚、定員オーバーになった
    場合は、過去の医学物理士実務講習会未受講者、医学物理士試験合格者等を優先させて頂きます。
  • 申し込み時の記入事項が多いですが、これらの結果を講習会に反映させたいとも考えておりますので、
    ご記入をよろしくお願い致します。
  • 当日は、関数電卓と筆記用具は、必ずご持参下さい。
  • 昼食は、ご用意致します。
  • プログラム内容が多少変更になることがございますので、ご了承ください。